城南島連合会とは

沿 革

城南島の歴史や城南島連合会設立の背景、設立から現在までのあゆみと活動をご紹介します。

​城南島の歴史

1981年の城南島は、市街地の住宅、工場混在化による騒音、振動などの公害防止対策のために、工場の移転先や産業廃棄物処理施設団地として、東京都が早くから埋め立てを行い土地造成を行ってきた土地です。

1980年ごろには建材ふ頭、南部スラッジプラント、残土基地などが建設されました。しかし当時は、道路は城南大橋からスラッジプラントまでの1本のみで、背丈を越える雑草が生い茂り、ダンプカーで残土が捨てられたままとなっている状態の基地でした。

     昭和45年 (1970年) 頃の城南島 (左) と平成21年 (2009年) 頃の城南島 (右)

城南島連合会設立の背景

昭和59年(1984年)の城南島工業協同組合の移転を皮切りに、次々と工場の移転が行われました。しかし当初この島は、公共の交通機関はもとより都市機能は全くなく、企業運営上この上ない不便な状態だったのです。
そこで、これら諸問題の一日も早い解決を目的として、6組合の企業が発起人となり、昭和61年(1986年)3月6日に、城南島連合会が任意団体として設立されました。

以来、城南島地域の交通、環境の整備、地区の発展のためにさまざまな活動と事業を行い、今日に至っています。

城南連合会のあゆみ

昭和61年(1986年)に会員総数10名で始まった当連合会も現在では会員企業数計121社(2020年10月現在)を数えるまでになりました。
城南島連合会のあゆみをご覧ください。

■ 昭和61年(1986年)3月6日設立

大田区立生活センターにて設立総会を開催
正会員総数10名により設立
会 長 豊田喜十郎  
副会長 奈良自起 猪狩 洋

設立目的

会員及び会員の従業員の福利厚生、親睦を図り、地域の交通、環境の整備を促進し、城南島地区の発展向上に寄与することを目的とする。
 

■ 昭和61年(1986年)10月14日

第1回通常総会を開催
会員数 正会員 6組合単独企業5社
                  準会員 12社
                  賛助会員 2社

専門委員会を発足
通勤バス対策委員会  委員長 森野辺栄次郎
環境対策委員会    委員長 水戸武雄
交通対策委員会    委員長 松沢 功

■ 平成2年(1990年)5月1日

城南島タイムズ創刊号発行

■ 平成3年(1991年)7月

城南島海浜公園オープン
昭和53年に海上公園計画告示により約13年の歳月を費やしての完成。完成部分は計画の一部。今後、約10年の間に4~5倍の海浜公園になる。
計画区域25.3haのうち今回完成部分4.8ha

■ 平成3年(1991年)11月

第6回通常総会に於いて2代目会長就任
会 長 猪狩 洋
副会長 森 隆  松沢 功

■ 平成10年(1998年)10月28日

会員数 正会員 18組合単独企業11社
                   準会員 7社
                   賛助会員 4社

■ 平成11年(1999年)4月

路上駐車問題解消のため4月1日城南島2丁目に公共駐車場オープン
敷地面積4,568㎡ 収容台数180台

■ 平成17年(2005年)4月

城南島海浜公園に「スケボー広場「第2キャンプ場」オープン

■ 平成18年(2006年)10月

第21回通常総会に於いて3代目会長就任
会 長 猿渡盛之
副会長 森 隆  杉崎武春 

■ 平成20年(2008年)10月

第23回通常総会に於いて4代目会長就任
会 長 杉崎武春  
副会長 井上忠道 田久保隆幸 佃  善文
会員数 正会員 10組合単独企業31社
                  準会員 6社
                  賛助会員 4社

■ 平成21年(2009年)11月

城南島2丁目にコンビニエンスストア「ポートストア」オープン

■ 平成22年(2010年)7月

会員数 正会員 10組合 単独企業 31社
                  準会員 6社
                  賛助会員 3社

■ 平成30年(2018年)10月

第33回通常総会に於いて5代目会長就任
会 長 中澤勇一郎  
副会長 須長将明 高須俊行 大久保茂忠
顧 問 杉崎武春

Copyright(C)2020 城南島連合会 All rights reserved.